メイク中

資格取得

スタイリストと聞いて、パッとその仕事内容が頭に浮かぶ人は少ないと思います。
具体的に何をする人なのか知られていない割にはファッション業界の職業の一つと認識されているがためにとても華やかで楽しそうな仕事というイメージが強いのではないでしょうか。
表舞台が華やかであればあるほど、その裏舞台はすさまじいものだったりもします。
スタイリストだってその一つです。
どこどこの服飾専門学校に入って試験を受ければ必ずなれる職業でもなく、逆に服飾の専門学校などのスクールを出ていなくてもなれる人はなれる職業でもあります。
免許制ではない、ということですね。
ということは道なき道を突き進むパイオニア精神と不屈の闘志、体力と気配り力が物を言うわけです。

一般的には雑誌などのグラビアやテレビ番組に出演するモデルやタレントの衣装係と言ったところです。
晴れてスタイリスト事務所に入れたのはいいものの、思っていた内容と違うということで離職される方が多いのも特徴ですが、それもそのはず、最初から誰かの衣装のコーディネイトを任されるわけがなく、新人はアイロン掛けや衣装協力してくれる会社からリースした商品の引き取りや返却、その他の雑用からスタートします。
そして何より就業時間が不規則です。
何曜日の何時から何時までなんて働き方は当然できません。
そういったもろもろの「想像してたのと違う」に打ち勝った人がプロのスタイリストになり、人によってはフリーランスで活躍していくのです。
華やかなイメージのある職業ですがどちらかと言えば裏方にあたる仕事です。
裏方がしっかりしていてはじめて表舞台が成り立つので、縁の下の力持ちであることは否めませんね。

写真ギャラリー

ビューチフル! スタイリスト勉強中(オーストラリア) メイク中